政治コラム 太田の政界ぶちかましCOLUMN

NO.68 「現場力こそが日本の底力」 / 若い技能労働者を育てよう

2014年3月 5日

「現場力」「現場の強さ」――これが日本の底力だと思う。

ところが、様々な分野で、専門技術を持って現場で働く技能労働者の不足が問題になっている。例えば建設業の技能労働者――。いわゆる職人は、平成9年のピーク時には約445万人だったが平成24年には約335万人。15年間で110万人も減少した。しかも工業高校や工業系の専門学校が減り、建設業に就職する若者が減り続けている。29歳以下の職人の割合は約1割までに低下し、職人の高齢化が著しく進行している。このまま現在働いている高齢の職人が引退してしまえば、インフラの整備や維持管理、災害対応に支障が生じかねない。さらに他の職種でも、電気や機械などものづくりの現場、介護・看護・医療の現場、農林水産業の現場など様々な現場で、技能労働者不足が言われている。

その要因はいくつかある。第一に高齢化の進行。少子高齢化・生産年齢人口減少の影響で、建設業以外でも、技能労働者全般に高齢化が進行している。第二に処遇の悪化。過酷な勤務環境に加えて、長引くデフレの影響で賃金が下がり、以前に比べて処遇がかなり悪化している。そして第三には、仕事に対する誇りと自信が失われかけていること。以前は、「手に職を持っている」「腕がいい」といえば、皆があこがれる良いイメージだったが、今では金融やIT、サービス業などソフトな仕事の方が人気。現場で身体を使って働く仕事のイメージは悪くなっている。

このような要因を克服して建設業の職人を確保していくため、私は昨年からいろいろと手を打ってきた。技能の習得にはある程度時間が要る。中長期的な視点に立って早く対策を打たなければ手遅れになる。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る