政治コラム 太田の政界ぶちかましCOLUMN

NO.29 菅民主党政権は「遅い、にぶい、心がない」 「信なくば立たず」「利して利する勿れ」

2011年7月 5日

東日本大震災から4か月が経過しようとしている。暑い夏が迫ってきており、被災地は過酷な夏となる。一刻でも早く、復旧・復興を進めなくてはならないが、遅れている。とくに福島第1原発は、冷温停止への工程、汚染水の処理、地域の放射能汚染の問題と、いまだ不安定。不安の中にある。

「遅い、にぶい、心がない」――菅民主党政権へのいら立ちはますます募っている。ましてや菅民主党政権の6月2日の「菅内閣不信任案」をめぐる茶番劇、会期延長をめぐるドタバタ劇は、日本の政治史上、最悪の政権。これでは復旧・復興も日本の再建もできないことを露呈した。現首相を前首相が詐欺師だ、ペテン師だと怒りの発言をする。会期延長をめぐって自公民三党幹事長の合意をひっくり返す。「やめよ、やめない」の争いばかり。首相と幹事長と官房長官の言うことが異なる。国家中枢がメルトダウンし、責任の所在がわからない。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る