2日(月)、赤羽駅東口で街頭演説会を行い、安倍晋三首相(自民党総裁)と公明党の山口那津男代表が、応援に駆けつけていただきました。

0A0A4733.jpg

安倍首相は、私の国交大臣時代に日本の再建に向け、懸命に戦ったことを評価、「800万人が限界だった訪日外国人旅行者を、2800万人に迫るまで爆発的に増やし、『観光』を日本の(産業の)大きな柱にしたのは太田さんだ」

観光立国.jpg

「東京北医療センターを守り抜いたのも太田さんだ」と訴えていただきました。

医療センター.jpg

そして、「日本の未来を、子どもたちの未来を守り続けていくために、自民党、公明党の連立政権の要である太田あきひろさんに力を与えてほしい」と呼び掛けました。

山口代表は、「少子高齢化や北朝鮮問題に対処するためにも、自公連立政権の継続が不可欠だ。連立政権の要である太田あきひろさんを押し上げてほしい」と訴えました。

私は「政治は結果」「仕事をしなければ政治家ではない」との私の信条を述べ、「厳しい戦いを断じて勝ち抜く」と決意を述べました。

街頭演説会には、自民党東京都連の鴨下一郎会長、高島直樹幹事長、北区の高木啓総支部長はじめ同区議会自民党の代表の皆さんも参加していただき、私、太田あきひろへのエールをいただきました。

月曜日の日中にもかかわらず、大変に多くの皆さまにお集まりいただき、ありがとうございました。皆さまのご声援に断じてお応えするため、なお一層、全力で走り抜いてまいります!

>>訪日外国人旅行者数、劇的に増加

>>地域医療を守る――東京北社会保険病院等の存続に努力


1日は、北区の十条銀座商店街、豊島区の大塚駅北口、足立区の江北駅前、北区・板橋区の境である浮間舟渡駅前でマイクを握りました。暑い日になりましたが、多くの方に足を止めていただき、心から感謝申し上げます。

江北駅前では足立区の近藤やよい区長と共に街頭に立ちました。

近藤.jpg

私は、芝川水門の耐震補強を実施し、水害から足立区を守るための手を打ち、さらには台風の上陸などに備え、行政や防災関連機関、近隣住民などがとるべき行動を時系列で示した「タイムライン」を、全国に先駆けて荒川下流域で導入しました。

荒川視察.jpg

また、足立区の皆さまの重要な生活の足となっている日暮里・舎人ライナーの早期開業や、朝・夜の増便を実現したことを紹介。

S__9732125.jpg

そのほか「きつい・汚い・危険」の3Kといわれてきた建設現場での仕事を、「給料がいい・休暇がある・希望がある」という新しい3Kにするために、職人の方々の賃金アップを実現してきたことを訴えました。

新3K①.jpg

応援に駆けつけた近藤区長は、「太田さんは防災や交通網整備だけでなく、待機児童ゼロに向けて、保育ママが継続していけるよう率先して、動き、結果を出していただいた」と支援を訴えていただきました。

保育ママ.jpg

太田あきひろ、日本が険しい坂道に差し掛かっている今こそ、自公政権の要として、一生懸命頑張ってまいります!


衆院解散後、最初の週末となった9月30日は、北区の赤羽駅、王子駅で街頭演説を行い、「政治は結果であり、日本のため、地域のため、困っている人のため全力で頑張る!」と訴えました。

王子駅握手.JPG

赤羽駅前での街頭演説では、荒川の氾濫に備えて岩淵水門の耐震化のほか、堤防の強化・補強などに取り組んできたことを報告。

芝川水門.jpg

また、日本のメダルラッシュの〝電源地〟であるナショナルトレーニングセンター(西が丘)の早期開設や拡充に尽力してきたこと。

トレセン.jpg

民主党政権で閉鎖の危機にあった東京北医療センター(赤羽台)を守り抜くために、近隣住民の皆さんの声を受け、坂口力・元厚労大臣や地元区議等と奔走し、存続を勝ち取ったことなどを紹介しました。

東京北医療センター.jpg

「赤羽」が最近では全国的にも有名な街になったことは嬉しい限りです。地域の元気ために、これからも現場を走り抜きます。

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ