活動ニュースNEWS

庶民が求める政策実現

2018年12月 4日

20181204_3.jpg佐々木さんの会合で太田議長

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は3日、横浜市内で開かれた佐々木さやか参院議員(参院選予定候補=神奈川選挙区)の国政報告会に出席し「どんな人にも平等に光を当てて、現場の声をおろそかにしないのが公明党だ」と訴えた。

席上、太田議長は来年10月に消費税率を10%に引き上げる目的に関して、少子高齢化が急速に進む中で社会保障費の安定財源の確保が必要だと強調。その上で、家計の負担を和らげる対策として、引き上げと同時に軽減税率が実施されることに触れ「庶民が助かる政策を断固として実現するのが公明党だ」と力説した。

佐々木さんについては「真面目で誠実、どんな分野にも視野と行動力がある人材だ」と訴えた。

佐々木さんは、大阪府北部地震など今年相次いだ災害に言及し「国民の命を守る防災・減災対策に力を入れていきたい」と述べた。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る