活動ニュースNEWS

強靭な道路網 早急に

2020年10月29日

舗装の維持・修繕 予算増額も
政策懇談会で道建協

20201029_143940.jpg

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長、石井啓一幹事長らは28日、都内で日本道路建設業協会(道建協、西田義則会長)と政策要望懇談会を行い、道路整備に関する要望を受けた。

道建協側は、インフラの老朽化に関し、道路の整備や維持管理を着実に実施するため、「中長期の計画を策定し、舗装関係予算の長期安定的な確保を」と要望。各地で舗装道路の劣化が顕著になっているとして、維持・修繕費の増額も求めた。

また、道建協側は、自然災害に備えた国土強靭化を図るためにも、高速道路をはじめとする道路ネットワークの迅速な整備の推進を訴えた。さらに「自治体の道路補修に関する予算が厳しいと聞いている」とし、来年度税制改正に関して、自動車関係諸税を見直す場合、地方の税収が減ることのないよう配慮を求めた。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る