UR豊四季 つれづれ0117①.JPG   UR豊四季 つれづれ0117②.JPGのサムネイル画像

高齢者も多く、空室も多い沈滞した団地を蘇らせる――そんな団地再生への意欲的試みが、千葉県柏市の豊四季台団地で始動しています。UR(都市再生機構)と柏市、東京大学が力を合わせての取組です。

1月16日、柏市の豊四季台団地に行ってその取組を視察し、URの上西郁夫理事長、柏市の秋山浩保市長、東京大学高齢社会総合研究機構の大方潤一郎機構長ほか関係者と意見交換しました。

この団地は、昭和30年代に建設されて約50年が経過し、建物の老朽化と居住者の高齢化が進んでいます。取組のキーワードは「医・職・住」です。

まず、「医」として在宅医療。団地内に柏市が地域医療連携センターを設置し、医師会や介護部局とも連携して在宅医療を支援する体制が整えられています。

「職」としては生きがい就労の支援。高齢者がコミュニティに参加して経験や体力にあったセカンドライフが送れるよう、農業や保育補助などの就労事業を展開しています。

そして「住」として古い団地の建て替え。建物の高層化とバリアフリー化を進めて快適な居住環境にしています。空いた敷地には、24時間対応のサービス付き高齢者向け住宅の建設も進んでいます。

今後、特に大都市の郊外部で高齢化が急速に進むと予想されていますが、豊四季台団地は高齢者がいつまでも安心、元気に住み続けられる団地づくりとして、全国のモデルになるものです。

未来を見据えた取組をしっかり進めていきます。


団塊の秋.PNG

人生は長いようで短い。「時は流れない。積み重なっていくのだ」――カナダ、アメリカ15日間の旅を学生時代(卒業寸前)いっしょにした団塊の世代の男6人、女1人の7人のエリート。いずれも順風万帆どころか波瀾万丈。それは自ら数々の流行と需要をつくり、自ら時代をつくってきた団塊の世代自身の善悪を越えた宿命ともいうべき帰着点でもある。

その時代の風景とは何か。「2015年 さまよえる活力」「2019年 年金プラス10万円」「2020年 孫に会いたい!」「2022年 孫の進路」「2025年 養護センターまで2316歩」「2028年 電気守」とその特徴を予測して描く。団塊の世代と団塊ジュニア、そして孫――時代をつくる(つくってしまう)これら3世代へのエールとも感じる。未来の新聞記事が各章に付いている。


知の逆転.png

いずれも世界最高の知性の6人が率直に語る。視点が高く、深い。そして科学的、哲学的、真実へのあくなき追求姿勢、しかも謙虚さに感動する。吉成さんの卓越したインタビュー、まとめる力に、感謝したいほどだ。

「人生に意味などというものはない。われわれはただ存在するというだけのことだ」「西欧の覇権は民族の能力の違いによるものではなく、単なる地域的優位性の結果だ」という生物学・生理学のジャレド・ダイアモンド。「全ての言語にはその深層に共通する文法が存在し、人間は言語の基本文法を生得的な器官として持って生まれてくる」と語る言語学者ノーム・チョムスキーは、市場主義や覇権主義を批判する。

脳神経学・精神医学のオリバー・サックスは、「教育で大事なことは、先生と生徒のポジティブな関係であり、教えている内容への先生の情熱である」といい、音楽と言語に言及しつつ、人間存在の究極に迫る。人工知能分野を開拓したマービン・ミンスキーは「なぜ福島にロボットを送れなかったか」と科学の方向性の転換を語る。数学者トム・レイトンはインターネットの最先端で繰り広げられるサイバー戦争等を語り、世界の変容や危険性、その解決方法について自らの起業にもふれつつ語っている。分子生物学者、DNA二重らせん構造の発見者ジェームズ・ワトソンは、「最もエキサイトしている事柄は何か」と問われ、「ガンを治すことです」と即答する。

いずれも生命、哲学、宗教が語られ、推薦図書まで上げている。刺激的な書だ。


西新井消防団.jpg

12日、東京では青空の広がった三連休の中日。地域では、多くの新年会や少年少女サッカー大会、そして王子と西新井の消防団始(はじめ)式が行われました。消防団は仕事があるなか、地域の防火・防災を担っている貴い方々です。

最近は気象が変化し、水害・土砂崩れなどが頻発、それも集中化、局地化、激甚化しています。また首都直下地震の切迫も懸念され、密集市街地などの緊急対応が必要です。自助・共助・公助が叫ばれますが、もう一つは「近助」のキメ細やかな助け合いが大切です。消防団はその要となる大事な存在です。

昨年の通常国会で水防法の改正、臨時国会では消防団支援法が成立し、待遇や装備の充実が図られましたが、「現場力」が重要な防災・減災です。更なるバックアップが必要です。頑張ります。


1月10日、公明党東京都本部の新春賀詞交歓会が、都内で盛大に開催されました。

来賓として石破茂自由民主党幹事長、石原伸晃環境大臣・自由民主党東京都連会長、安藤立美東京都副知事、三村明夫日本商工会議所会頭、神津里季生・連合事務局長から、公明党に対する期待と感謝のこもった挨拶をいただきました。また、都内の区市町村長、各種関係団体の会長にも多数出席いただき、熱気に包まれました。

来賓に続いて挨拶に立った私は、「公明党は今年結党50周年。庶民の目線、中小企業の目線を常に持ち、"大衆とともに"という立党精神に基づく公明党の役割はますます重要になる。景気回復、復興加速、防災・減災等の"実感"が得られるところまで今年はやり抜く。さらに日本の"未来"を見据えて確かな一歩を踏み出したい。公明党は頑張ります」と決意を述べました。

都本部②0110.jpgのサムネイル画像
都本部①0110.jpgのサムネイル画像

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ