小林秀雄の政治学.jpg政治に携わる者としては「政治学という学問と政治家としての振舞いは別物ではないか」と時折り思うことがある。「政治とは」という問いと「政治学」とのズレである。小林秀雄は「政治といふものは虫が好かない」といった。そして「政治と文学は異質の営みである」といい、「政治は転変する社会事情に直ちに応ずる政策を必要とする。臨機応変は政治に必須の原理であるが、この原理は、文学の世界、いや広く精神文化の世界では、必ずしも通用するとは限らない」という。政治は人間が成すものであり、人間学だ。「政治は虫が好かない」という小林秀雄だが、その人間洞察への鋭さは当然、政治への深い洞察となる。そういう意味で「政治」についての小林秀雄を探究する本書はきわめて刺激的で面白い。中野剛志さんは「政治」について小林秀雄を批判した丸山眞男を誤解していると真っ向から批判、マキアヴェリ、伊藤仁斎、荻生徂徠、福沢諭吉等々を論じつつ日本の伝統・文化に貫かれるリアリズム、実用主義を浮き彫りにする。圧巻の力業といってよい。

「リバティーとフリーダムは違う。リバティーは社会から与えられた市民の権利、フリーダムは自己を実現しようとする個人的な態度」「自由(フリーダム)を体現したのは、政治家ではマキアヴェリ、文学ではドストエフスキー、音楽ではモーツァルト」「政治とは国民の実生活を管理する実務であり、臨機応変の判断であり智慧である。政治はイデオロギーではない。イデオロギーとは、権力の手段へと堕した思想である」「政治とは『治国安民』、民を安んずることを目的にした現実的、具体的な社会の管理技術である」「丸山の『日本の思想』は戦時における日本の病理現象の原因を、日本の思想的伝統の構造の中に突き止めようとした"日本人の自己批判"であり、その思想的伝統の代表格が小林秀雄であった」「小林は、社会科学ではなく、文学の道を選んだ。丸山が言ったような、社会科学的思考に対する嫌悪や反情があったからではない。文学の方を好んだというだけである。小林が嫌悪したのは、思想で実際生活を支配しようとする似非社会科学=イデオロギーであったのだ」「兵法は観念のうちにはない。有効な行為の中にある。私は武蔵といふ人を、実用主義といふものを徹底的に思索した、恐らく日本で最初の人だとさへ思っている」「小林が実用主義と呼んで支持する思想は、プラグマティズムに非常に近い」「歴史の過渡期が困難なのは、新しい事態が到来して、従来の解釈や既存の理論が通用しなくなるからである。『事変の新しさ』だ。そうした時、マキアヴェリ、信長あるいは武蔵は、臨機応変の判断をするために、『物』そのもの、あるがままの現実を見ようとした(秀吉が判断を誤ったのは老いて耄碌したからではない。彼が取り組んだ事態が全く新しい事態であり、彼の豊富な知識は、何の役にも立たず、むしろ大きな障碍となったからだ)」「マキアヴェリ、信長らは『直接経験』に戻ろうとした。それが小林のいう『実用主義』『プラグマティズム』である」・・・・・・。

社会は不確実に変動するが、制度や習慣は固定的で硬直的で、人間の思考も既存の理論で支配されがちだ。「民を安んずる」領域で臨機応変に対応することは、容易なことではない。「政治」は臨機応変の創造的行為の闘争。時代の構造的変化を眼前にして、意味ある書に出会った。


「線」の思考.jpg「鉄道と宗教と天皇と」が副題。天皇をめぐる研究者である原武史さんが、"鉄ちゃん"で、自ら鉄道に乗って旅をして、地域に深く埋もれていた歴史を掘り起こす。地域の鉄道という「線」をたどって、古代から現代に至るまでの歴史の地下水脈を見せてくれる。明治期から一気に鉄道網が張り巡らされ、そこに古代の天皇から今日の明治・大正・昭和・平成と、天皇・皇后そして宗教がどうかかわったかが浮き彫りにされる。原さんでなければ書けない、しかも駅弁や名物まで加えた紀行文だ。

「小田急江ノ島線とカトリック」「二つの『常磐』――『ときわ』と『じょうばん』の近現代」「軍隊が消えた街――旭川の光と影」「古代・中世・近代が交錯するJR阪和線」「日蓮と『房総三浦環状線』」「『裏』の山陽をゆく」「神功皇后と継体天皇と北陸本線と」「聖母=ショウモから聖母=セイボへ――神功皇后・マリアとJR筑肥線・松浦鉄道」の8編から成る。いずれも「なるほど、そういう深い歴史、結びつきがあったのか」とうなるほどだ。在来線の旅をしたくなる。


我、過てり.jpg戦国の英傑、しかも信念堅固、信頼抜群の武将たちにも、運命的苦難は容赦なく襲いかかる。彼らにも「我、過てり」と思った瞬間があった。何を誤り、どう挽回を図ったのか。「歴史に名を残す」4人の武将を描く。

第一話「天敵」は小県郡を握った村上義清――。戦うこと70余回、ほぼ負けなしの信玄。その信玄に上田原、砥石、常田でと3度も勝った村上義清。しかし「戦えば何を得られるか、富貴栄達を約束できるか」に応えられなかった義清の下から、信玄に調略された信濃衆が次々に去っていく。「戦よりも政で敗れたのだ」と、戦で勝っても政と謀、与えるものなかったことを義清は自覚するようになった。戦よりも政で敗れたのだ。

第二話「独眼竜点睛を欠く」は伊達政宗――。天正15年~17年、政宗は新たな天下人となる秀吉に会うために遠い都へ行くよりは、最上と佐竹がおとなしいうちに領国の周囲を固める必要があった。それは秀吉の求める「惣無事」とも一致するはずだと考えた。秀吉は最後には現状を認めると踏んだのだ。しかし・・・・・・「我、過てり」「白装束を用意せよ」と小田原へ馳せ参じるが、そこで会った秀吉に驚くのだ。「竜を恐れ入らせた鼠も珍しかろう」・・・・・・。

第三話「土竜(もぐら)の剣」は、岩見重太郎(薄田兼相)――。父親から「土竜の剣」を教えられた重太郎。「我らの剣は常に地の底に潜り、光を放ってはならぬ」「誰よりも強く、そして暗く。それが岩見の武である」と。その父が殺され、小早川隆景の命の下、仇を討つ旅に出る。名島26人斬り、天橋立の百人斬りで名を成すが、「お前は天下一の匹夫だ」との声が頭に残る。そして大阪の陣――。将としての武威を示せず、土竜から脱し得なかった自分が、最後の最後、「土竜の剣で満足していれば・・・・・・生を全うできたかもしれぬ。だが天道の下でふるう武の爽快さを知ってしまったのだ」と反転して語る。

第四話「撓まず屈せず」は、立花宗茂――。妻・誾千代の父・立花道雪、父・高橋紹雲という偉大な親を持つ立花宗茂。どの戦場においても抜群の働きをし、敵をも味方にする信頼をその義の振舞いによって勝ち取ってきた。豊臣秀吉こそ命を賭して仕えるべき男だとし、朝鮮侵攻でもその力と義を見せつけた。清正が終生、その恩を忘れなかったのもその時の戦いだ。そして、当然のように関ケ原では西軍につく。妻は常に厳として「内府につくべきです」「家を束ねる者としての信念こそが立花の『節義』です」というのだ。宗茂は西軍につき寝返らなかった武将としては稀有の柳川13万石を秀忠の時代に受け、その「節義」は家光に至るまで高く評価されたという。


新 牧口常三郎伝.jpg教育者であり、「人生地理学」「郷土科研究」「創価教育学体系」等の優れた著作を著し、「創価教育学会(創価学会の前身)」を創立した牧口常三郎先生(1871年6月6日~1944年11月18日)の幼少から青壮年期の壮烈な半生を描く。小説ではなく、徹底した実証研究・調査によって、今まで曖昧、不明の部分があったところをくっきりと明らかにした研究の書。入念な調査・研究に感心する。

「風雪と怒濤の大地・荒浜に生まれて(父母の離別から始まる悲劇、優等生として勉強給仕の伝説、北海道に渡った本当の理由)」「伝説のかなたに見えるもの(異母妹の誤殺事件の真実、牧口を札幌に連れていった真の人物)」「『人生地理学』発刊前夜の苦闘(発刊の動機、運命を変える嘉納治五郎との出会い、石狩事件と上京)」「絶望的だった『人生地理学』出版に燭光(北海道から東京へ、新居は長屋の土間付き3畳間か、雑誌創刊の相次ぐ激動期に金港堂に入社、志賀重昂との出会い、志賀の批評文を求め岡崎へ、牧口を心底応援した志賀の校閲作業)」「『人生地理学』出版と二つの初版本(独創的でダイナミックな世界観、幻の『人生地理学』第2版)」「創立した通信制高等女学校の過酷な運命(無料の講習会に目を輝かせる生徒たち、講義録の発行保留、恵まれぬ女性の慈善教育事業に挑戦、牧口の辞職とその後)」「文部省時代の苦闘そして飛躍(柳田国男そして郷土研究会との出会い、東京府出向を命じられたのは左遷か、新渡戸稲造の『郷土会』に参加、柳田国男と二人で道志村へ調査旅、新たに小学校の教育現場に復帰)」――。各章で徹底調査、研究の結実を語る。

幾度かの苦難を乗り越える強靭な意志と挑戦し前へ進む姿勢、何をするにも十分な準備を怠らない人、恵まれぬ人・女性に教育をとの暖かい心、志賀重昂・嘉納治五郎・柳田国男・新渡戸稲造らとの心の通い合いと交流の連環・・・・・・。それらの姿がくっきりと浮かび上がってくる。


家族じまい.jpg「ママがね、ボケちゃったみたいなんだよ」と、江別市に住む智代に函館の妹・乃理から母・サトミのことで電話が入る。「パパ(猛夫)はさ、お姉ちゃんにだけは自分たちの弱みを握られたくないから、自分からは頼れないわけよ・・・・・・」という。物語は「智代」の話、智代の夫・片野啓介の弟・涼介の嫁となる「陽紅」の話、「乃理」、「紀和」、認知症になったサトミの姉「登美子」の話とリレーでつなぐ。人生には"店じまい"という仕事をやめる時もあれば、年老いて「家族じまい」という人生の区切りをつけなくてはならない時も来る。誰人も逃れることのできない身につまされる話だ。

「ふたりを単位にして始まった家族は、子供を産んで巣立ちを迎え、またふたりに戻る。そして、最後はひとりになって記憶も散り、家族としての役割を終える。人の世は伸びては縮む蛇腹のようだ」「この道は果たして、戻る道なのか征く道なのか――長い直線道路の中央には、午後の日を浴びた白線が続いていた」「徹は人として、何ひとつ間違ったことは言っていない――自分はもしかしたら彼の『何ひとつ間違っていないこと』がきついのではないか。そう思ったところで、美しく撚られていた何本もの糸の、細い一本がぷつんと切れた」「夫は、自分が初めて産んだ子供だと思えばいいのだった。そして、母も子供へと戻ってゆき、父もやがてこの世を去る。乃理の人生はあらゆるものの『母』になることで美しい虹を描き、宝の埋まったところへ着地するはずだ」「離婚してもずっと『良き父』を演じていた男の娘は『良い男』のイミテーションと本物の違いが分からない女に育ってしまった」「新しい一歩を選び取り、自分たちは元家族という関係も終えようとしている――自発的に『終える』のだった。終いではなく、仕舞いだ」「わたし、今日で母さんを捨てることにしたから、よろしく」「結局、別れずにいた亭主とふたり・・・・・・お互いを捨て合うことの出来なかった夫婦は、足並みの揃わない老いとどう付き合っていくのか」・・・・・・。

折り合いをつけながら渡る生老病死の人生を、赤裸々に、また精緻に、巧みな表現で描く。

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

私の読書録アーカイブ

上へ