活動ニュースNEWS

強靭な道路網 早急に

2020年10月29日

舗装の維持・修繕 予算増額も
政策懇談会で道建協

20201029_143940.jpg

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長、石井啓一幹事長らは28日、都内で日本道路建設業協会(道建協、西田義則会長)と政策要望懇談会を行い、道路整備に関する要望を受けた。

道建協側は、インフラの老朽化に関し、道路の整備や維持管理を着実に実施するため、「中長期の計画を策定し、舗装関係予算の長期安定的な確保を」と要望。各地で舗装道路の劣化が顕著になっているとして、維持・修繕費の増額も求めた。

また、道建協側は、自然災害に備えた国土強靭化を図るためにも、高速道路をはじめとする道路ネットワークの迅速な整備の推進を訴えた。さらに「自治体の道路補修に関する予算が厳しいと聞いている」とし、来年度税制改正に関して、自動車関係諸税を見直す場合、地方の税収が減ることのないよう配慮を求めた。

江東5区 荒川の氾濫対策急務

2020年10月22日

広域避難 体制整備も 
党都本部プロジェクトチーム、赤羽国交相に要請

20201022_4.jpg

公明党東京都本部の「江東5区大規模水害対策検討プロジェクトチーム」(顧問=太田昭宏全国議員団会議議長、座長=岡本三成衆院議員)は21日、国土交通省で赤羽一嘉国交相(公明党)に対し、荒川下流の堤防沿いで、満潮時の海水面より土地が低い江東5区(墨田、江東、足立、葛飾、江戸川)の水害対策について緊急提言した。岡本座長のほか、党都本部の高木陽介代表、高木美智代代表代行(ともに衆院議員)、都議、区議らが出席した。

岡本座長は「大規模水害が発生すると、江東5区で250万人が避難対象になる」との想定を示した上で、荒川の氾濫対策を早急に進める必要性を指摘。特に、京成本線・荒川橋りょうが架かる部分の堤防が下流で最も低く、増水時には最初に決壊する恐れがあるため、堤防のかさ上げに必要な橋りょう架け替えの早期実現を要望した。

一方、広域避難の推進については「国のリードが重要」と主張。避難所の開設やホテル・旅館の借り上げなどにかかる費用について、国庫負担を可能にするよう要請した。

赤羽国交相は要望内容について、「なるべく早く進めていく」と述べた。

固定資産税 据え置きを

2020年10月17日

住宅ローン減税の再延長必要

20201017_104501.jpg公明党の山口那津男代表、太田昭宏全国議員団会議議長らは16日、不動産協会(菰田正信理事長)から、来年度の税制改正に関する要望を受けた。

同協会は、固定資産税について、来年度が税額計算の基礎となる課税標準額を見直す「評価替え」の年に当たると指摘。現状のままだと、新型コロナウイルスが拡大する前の地価(今年1月1日時点)を基に評価替えが実施されるため、収益が減った企業にとっては、負担増になると訴え、特別措置として課税標準額の据え置きを要請した。

また、今年度末で適用期限を迎える住宅ローン減税については、控除期間をさらに2年延長することも求めた。

太田議長は「コロナ禍の今、国際社会のなかでの日本の不動産市場が果たす役割と現状、そして、日本が国際都市として世界をリードしていくために必要な政策」について、意見を述べた。

コロナ対策 前へ進める

2020年10月14日

太田議長と岡本氏が訴え 
東京・北区

20201013_4.jpg

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は11日、東京都北区などで開かれた街頭演説会に岡本三成衆院議員と共に参加し、「政治は結果。さまざまな要望に対して、何らかの成果を出すことが重要だ」と訴えた。

太田議長は、1人一律10万円の特別定額給付金や家賃支援給付金などの新型コロナ対策に、岡本氏が中心者として取り組んできたことに言及。岡本氏の仕事ぶりについて「よく動き、地域を一生懸命回る。非常に明るく、泥くささも持っていて、仕事ができることを痛感する」と力説した。

岡本氏は、新型コロナ対策や水害対策を推進してきたことに触れ、「この地域に住んで良かったと思えるように、政治を前に進めていく」と決意を述べた。

<<前の5件

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る