活動ニュースNEWS

執念の猛攻 最後まで

2019年4月20日

20190419-001089_20190420092007-のコピー.jpg全員当選へ党幹部懸命の訴え
市区町村議選あす投票

統一地方選挙の後半戦である一般市議選と東京特別区議選(台東、足立、葛飾の3区を除く)、町村議選の投票が、あす21日(日)に迫った。公明党1182候補は議席確保に向け、こん身の訴えを続けている。山口那津男代表、斉藤鉄夫幹事長、太田昭宏全国議員団会議議長ら党幹部は全国の激戦区の応援に入り、公明候補の押し上げに全力を挙げた。あと1日、最後まで執念の猛攻で断じて全員当選を果たしていこう。

太田議長 防災対策、公明だから安心

「公明党がいるから安心だ」と言われるようになった。例えば、昨年、相次いだ災害を踏まえ、公明党は政府に対して住民の命を守るための対策を強化すべきだと主張。これを受け政府はインフラの防災・減災対策を集中的に進める「3カ年緊急対策」を実行している。先手を打って対策を講じることで被害を少なくし、必要な費用を抑える政策が前進した。

全世代型社会保障も実現する。結党以来、「大衆福祉」を訴えてきた公明党の成果だ。今年10月から幼児教育が無償化され、2020年度までに私立高校の授業料も実質無償化される。小中学校の教育無償化以来の70年ぶりの大改革だ。生活者のために、一つ一つ結果を出してきたのが公明党だ。

道府県議選政令市議選 公明、当選相次ぐ

2019年4月 8日

20190408_1_1.jpg皆さまのご支援に心から感謝

第19回統一地方選挙の前半戦となる41道府県議選、17政令市議選、11道府県知事選と6政令市長選は7日、投票が行われ、即日開票された。公明党から、道府県議選に167人(推薦1人を含む)、政令市議選に173人の計340人が立候補(うち19人が無投票当選)。いずれの選挙区でも厳しい戦いとなったが、党員、支持者の執念の戦いで相次ぎ当選を決めた。選挙戦で公明党は「人と地域を生かす社会へ。」を掲げ、他党の追随を許さないネットワークの力で生活者の声を聞き取り、その声を生かす政策実現力などを訴え抜いた。献身的なご支援をいただいた党員、支持者ならびに創価学会員の皆さまに心から感謝を申し上げます。

相次ぐ当選確実の報告を受け、山口代表、斉藤幹事長、古屋範子副代表、石田祝稔政務調査会長、太田昭宏全国議員団会議議長、高木陽介国会対策委員長、西田実仁広報委員長が、道府県・政令市ごとに、全員当選を表す赤いバラを張り付けると、場内は拍手と歓声が沸き起こった。

今回の統一地方選は、新しい時代の地方政治の担い手をどの政党、どの政治家に託すかを決める選挙。公明党が候補を擁立した41道府県議選、17政令市議選では、安心できる地域を築くための政策を実現できるかを巡って各党・各候補が激しい論戦を交わした。

今回は統一地方選として初めて「18歳選挙権」が適用されたことから、若者に対する政策も選挙戦の大きなテーマになった。

選挙戦で公明党は、「人と地域を生かす社会」を築くため、介護、子育て、医療の充実、防災力の向上、雇用創出などを強力に進めていくと強調。地域に埋もれた「小さな声」に真摯に耳を傾け、具体的な政策にして課題を解決する確かな実現力を訴えてきた。

選挙戦で山口代表、太田議長、斉藤幹事長ら党幹部は連日、公明候補の全員当選をめざし、全国各地で、こん身の訴え。「希望と安心の地域を築く力がある政党は公明党しかない」と絶大な支援を力の限り呼び掛けた。

あと2日 公明は地域発展の原動力

2019年4月 5日

20190405_1_5.jpg山口代表、太田議長ら 逆転勝利へ、こん身の訴え 
期日前投票、あす6日まで

太田昭宏全国議員団会議議長は、いまだ圏外の大阪市議選・此花区(定数2)の今田のぶゆき候補を応援。年金や医療、介護に加え、給付型奨学金の創設や10月開始の幼児教育無償化など、社会保障を全世代で充実させた公明党の実績を紹介し、「人生を支え安全を確保する唯一の政党が公明党だ」と強調。「この激戦、勢いのある方が勝つ。今田候補を勝たせてください」と、絶大な支援を呼び掛けた。

議席奪還をめざす今田候補は「命を守る防災対策に真っ先に全力で取り組む」と力を込めた。

希望広げる政策を前へ

2019年3月31日

20190401_021434.jpg道府県・政令市議選 4月7日(日)投票 
札幌、横浜、埼玉、大阪で 
山口代表、太田議長ら党幹部が力説

太田昭宏全国議員団会議議長は、埼玉県議選・草加市(定数3)の、がもう徳明候補の応援に駆け付け「街のため、国民のために、公明党は一生懸命に仕事し、結果を出している」と強調。がもう候補について、犯罪認知件数の減少や、東埼玉道路の整備を進めてきた実績を紹介。「地域の課題解決に向け、迅速に動き、結果を出してきた。激戦突破へ、押し上げてください」と訴えた。

がもう候補は、市内の全小中学校体育館へのエアコン設置決定を報告し、「最後まで走り抜き、断じて逆転勝利する」と力説した。

人と地域の未来開く 道府県・政令市議選スタート

2019年3月30日

oota.jpg"小さな声"から政策実現
山口代表、太田議長ら 公明340候補、必勝訴え
4月7日(日)投票

第19回統一地方選挙の前半戦となる41道府県議選と、17政令市議選が29日告示され、4月7日(日)の投票日に向け決戦の火ぶたが切られた。公明党は道府県議選に167人(推薦1人を含む)、政令市議選に173人の計340人が立候補(うち19人が無投票当選)し、遊説をスタート。

太田昭宏全国議員団会議議長は、札幌市で、公明党が結党以来の闘いで福祉を政治の中心に押し上げたことを強調。「どの党よりも、誰よりも実績を勝ち取ってきた」と力を込めた。

<<前の5件

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る