活動ニュースNEWS

住宅の駆け込み需要対策が前進

2019年1月10日

不動産協会.jpg

不動産協会

公明党の山口那津男代表と太田昭宏全国議員団会議議長は8日、都内で、不動産協会(菰田正信理事長)と不動産流通経営協会(榊真二理事長)の共催で開かれた新年賀詞交歓会に出席した。これには斉藤鉄夫幹事長らも出席した。

各団体、新年の集いへ

2019年1月 8日

20190108_5_1.jpg連合の交歓会で神津会長と懇談

公明党の山口那津男代表、太田昭宏全国議員団会議議長は7日、都内で開かれた日本労働組合総連合会(連合、神津里季生会長)の新年交歓会に出席し、神津会長と新年のあいさつを交わし懇談した。斉藤鉄夫幹事長も出席した。

防災・減災対策の主軸担う

2019年1月 6日

0106_3.jpg太田昭宏全国議員団会議議長 
新春街頭 党幹部の訴えから

2020年の東京五輪・パラリンピックまで1年半となりましたが、今年は、その先も伸びゆく日本にするための重要な年です。

中でも25年には、団塊の世代が全て75歳以上となり、認知症の高齢者は約700万人、全国の空き家が1000万戸に達する見通しです。将来への不安を感じている国民は多く、対策は待ったなしです。

日本社会が抱える問題を克服するには、直面する三つの構造変化に対応しなければなりません。

まずは、人口減少・少子高齢社会への対策です。また、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の進展に応じたセキュリティー(安全確保)対策も不可欠になります。

そして、自然災害への対応です。昨年は災害が非常に多く、規模もこれまでとは違ってきています。だからこそ、今年から国を挙げて一気に防災・減災に力を入れていきます。その主軸を担うのが公明党です。

例えば、災害による被害を最小限に抑えるための行動を時系列にまとめた「タイムライン」の策定が行政や企業などで進んでいますが、個人レベルでも「マイ・タイムライン」として作り上げることが必要です。

人命や経済に被害が及ぶ前に防災を進め、少しでも減災につなげるため、公明党は結束して、きめ細かく政策を推進していきます。

生活者の声 政策で実現

2019年1月 4日

20190104_1.jpg公明、活発に新春街頭演説会を開催 
教育無償化を推進 「全世代型社会保障」築く 
統一選、参院選 必ず勝つ

2019年が開幕した。公明党は元日から全国各地で新春街頭演説会を開き、山口那津男代表、斉藤鉄夫幹事長ら党幹部を先頭に、4月の統一地方選、夏の参院選の予定候補者らが、勢いよく新年のスタートを切った。

山口代表は2日午前、新宿駅西口で太田昭宏全国議員団会議議長、高木陽介国会対策委員長、高木美智代衆院議員、竹谷とし子参院議員らと共に街頭演説を行った。

山口代表は、自公連立政権で公明党が果たしてきた役割について、「国民の声を聞き、政治に反映させて、政策を作り上げる公明党のスタイルは、日本の政治の中で極めて貴重な役割だ。公明党は生活者の思いを形にする国会議員と地方議員のネットワークの政策実現力がある」と訴えた。

太田議長は、「国を挙げて一気に防災・減災に力を入れていく。その主軸を担うのが公明党だ」と力説した。

2018年 私の3冊

2018年12月25日

「昭和の怪物 七つの謎」 保阪正康 著 講談社現代新書 880円

「AI vs.教科書が読めない子どもたち」 新井紀子 著 東洋経済新報社 1500円

「リズムの哲学ノート」 山崎正和 著 中央公論新社 2200円

明治150年の今年――。西洋文明への羨望と脅威から始まった明治は、昭和の敗戦に帰結し、経済的豊かさと哲学不在の今日へと至る。保阪正康氏の「昭和の怪物 七つの謎」は、歴史の急所、生死の瞬間、決断を抉り出す。歴史の主人公の思想・哲学そして性格や交友関係など、人物像を探るなかで、重要決断に至る思考の回路と瞬間を鮮やかに解く。

新井紀子さんの「AI vs.教科書が読めない子どもたち」は、急進展するAIの未来と限界を示しつつ、だからこそ人間のもつべき価値と教育が重要であることを痛烈に示す。AIは徹頭徹尾、数字だけでできており、計算機。人間の知能の営みはすべて論理と確率、統計に置換できない。それは「意味」を記述する方法がAIにはないからだ。しかし、今の中高生を調査すると教科書を正確に理解する「読解力」が驚くほど欠けていることを警告する。

そして今年、文化勲章受賞の山崎正和氏の「リズムの哲学ノート」。宇宙のリズム、生命のリズム、心拍・呼吸、舞踊のリズム・・・・・・。森羅万象のリズムの構造から、宇宙論、生命論の本質に哲学的に迫る。精神と肉体、主体と客体など西洋哲学史に貫かれた一元論的二項対立を乗り越え、メルロ=ポンティやベルクソンの身体論を踏まえながらも、その身体の具象的な側面やリズムの動態の仕組みに踏み込む。「すべて知ることは喜びを伴うが、リズムを知ることの歓喜は次元を異にしている」という。

<<前の5件

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る