活動ニュースNEWS

日韓関係の発展へ意思疎通が必要

2019年1月12日

民団

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長、魚住裕一郎参院会長らは11日、都内で開かれた在日本大韓民国民団(民団)中央本部の新年会に出席し、あいさつした。平木だいさく参院議員(参院選予定候補=比例区)も出席した。魚住氏は、日韓関係の重要性について、北朝鮮の非核化を協力して求める観点などから、「両国間でしっかりと対話、意思疎通する必要がある」と強調した。

民団の呂健二中央団長は、いわゆる韓国人元徴用工問題などで日韓関係が良くない状況に陥っていることを指摘し、「両国の友好増進に尽くす民団の基本姿勢は変わらない」と語った。

地方創生めざし共に力合わせて

2019年1月11日

全国郵便局長会

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長、斉藤鉄夫幹事長(党郵政問題議員懇話会長)らは10日、都内で行われた全国郵便局長会(青木進会長)の新春の集いに出席し、あいさつした。山口那津男代表、井上義久副代表らも参加した。

空き家対策など街づくりに全力

2019年1月10日

全住協

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は8日、都内で開かれた全国住宅産業協会(全住協、神山和郎会長)の年賀会であいさつした。井上義久副代表らも出席し、神山会長らと懇談した。

太田議長は、2025年には空き家が1000万戸に達する見通しを指摘。「日本がさらに伸びゆくためには今年が大事な年だ。皆さんと一緒に良い街づくりに全力を注ぐ」と述べた。年賀会では石井啓一国土交通相(公明党)もあいさつした。

水道事業の基盤強化に向け協力

2019年1月10日

水団連など5団体

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は8日、井上義久、古屋範子の両副代表らとともに、都内で行われた日本水道工業団体連合会(水団連、木股昌俊会長)など5団体合同の新年名刺交換会に出席し、木股会長らと和やかに新年のあいさつを交わした。

住宅の駆け込み需要対策が前進

2019年1月10日

不動産協会.jpg

不動産協会

公明党の山口那津男代表と太田昭宏全国議員団会議議長は8日、都内で、不動産協会(菰田正信理事長)と不動産流通経営協会(榊真二理事長)の共催で開かれた新年賀詞交歓会に出席した。これには斉藤鉄夫幹事長らも出席した。

<<前の5件

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る