桜を見る会 180421①.jpg  桜を見る会 180421②.jpg

21日、初夏を思わす雲一つない青空が広がるなか、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」が東京・新宿御苑で開かれました。全国から招待された約1万7500人の方々が集まり、記念撮影をしたり、歓談をしました。

安倍首相は「第2次安倍政権になって6年連続賃上げが続いている」「みなさんが豊かになるように、日本社会が活気ある社会になっていくように頑張っていきたい」などと挨拶。

私も多くの方々と挨拶・記念撮影・懇談をしました。またオリンピックメダリストやテレビ等でも活躍しているタレントの方々も参加し、大変盛り上がりました。

桜を見る会 180421③.jpg  桜を見る会 180421④.jpg

桜を見る会 180421⑤.jpg  桜を見る会 180421⑥.jpg


海馬の尻尾.jpg度外れた狂暴、制御のきかない狂気のヤクザ及川頼也。組自体が手を焼いて病院行きを命ぜられると、アルコール依存症どころか、「恐怖心の欠如、他者に対する共感力の欠如、良心がない」という「反社会性パーソナリティ障害」の診断が下る。脳の欠陥だ。大脳辺縁系の海馬とその尻尾のところにある扁桃体(視覚、聴覚、嗅覚その他の外的な刺激に反応して、快、不快、恐怖、緊張、不安、痛みなどの情動を生み出す場所)の異常、「感じる脳」の欠陥というわけだ。ヤクザの暴力抗争がテンポよく展開されると思いきや、話は一転して脳、染色体、遺伝子の世界へと急深化する。

抗争のなか身を隠すことを余儀なくされた及川は、8週間の長期入院治療を受けるが、そこには、反社会性パーソナリティ障害の者だけでなく、その逆の意味で他者への共感力が高いために恐怖の概念が薄くなるウィリアムズ症候群の子どもや、他の感情はコントロールできても恐怖という感情のみ抜け落ちているウルバッハ・ビーチ病の者、PTSDに苦しむ青年たちがいた。

そこで及川たちは、気づくのだ。自分たちは邪魔者扱いされ、異常者として社会から抹殺されようとしている。弱者を切り捨て、多様な生き方を認めない社会になっている。科学の進歩史観の安易さのなかで、実験材料としてモノとして使い捨てられようとしている。ヤクザのバイオレンスから人間生命と医療・科学・文明を考えさせる奥深い世界に一気に引き込まれる異色の力作。

「ふざけるな。俺たちはモルモットじゃねえんだぞ」・・・・・・。


欲望の民主主義  丸山俊一著+NHK「欲望の民主主義」制作班.jpgNHK、BS1スペシャル「欲望の民主主義~世界の景色が変わる時~」で、「世界の知性」たちへのインタビューを行った記録。副題は「分断を越える哲学」。問題意識は、英のEU離脱や米のトランプ大統領誕生、そして仏の急進的な右翼の台頭、世界で頻発するテロ・・・・・・。このなかから世界の民主主義に何が起きているかの問いかけだ。民主主義の劣化、熱意の希薄化、破壊衝動、ネット社会の影響、グローバル化、分断の構図、人間の欲望と集合体の社会などを考察する。

いずれの「知性」からもホッブス、ルソー、トクヴィル、そして現在が語られる。「万人の万人に対する闘争」を回避するには、自らの欲望を制御し、畏怖する「リヴァイアサン」を打ち立て、国家と契約を結ぶことによって秩序を回復する。ホッブス、ルソーの国家・主権・自由の原始的概念だ。トクヴィルが発見した米の民主主義の良質の部分、中間共同体・市民団体等の活動が、ツイート・ITで崩される現実も語られる。民主主義が衆愚政治や多数者の専制(少数派の抑圧)に陥ることを警戒したベンサムやミルも今、蘇る。

「世界は存在しない。一角獣は存在する」といったマルクス・ガブリエル。「超越した世界」という存在こそが対立を生む。世界を実体化する危険性は、対話のない無数の"正義"の主張の氾濫を生む。ガブリエルは「民主主義とは悪を認識して正す手続き」「倫理観の進歩に照らし合わせて、法律自体を改正すべきです」「民主主義は社会の倫理観の進歩を実践に照らしたもの」「民主主義は、手続きや制度の中で普遍的価値を実現しようとする試み」といい、「民主主義の世界的価値観が崩壊したら、見たこともない規模の戦争(暴力)の世界を目撃する。(民主主義は)今のところ人間がみんなで生き残るための唯一の選択肢」という。民主主義のポテンシャルを引き出せるかどうか、ということだろう。

グローバル化、共同体に参入してくる外国人・移民、格差の拡大、共同体からの孤立化になりかねないIT・AIの時代、代表制民主主義に内包される代表者と有権者のズレ(民主主義の隙間風)、民主主義の主人公でなく阻害されていると感じる者の増大と分極化・・・・・・。「自分たちのことは自分たちの手によって決める。政治参加で世を変える。弱肉強食の世界を避ける」――「自分とは異なる存在を欲望することで自らの欲望を実現する」「民主主義とは自らを問うものだ」との識者の発言は重い。


懇談会 180414.jpg

14日、京都で野中広務先生の「お別れの会」に出席。「真実一路」「平和を思い庶民と同苦する」野中先生を偲び、野中広務、古賀誠、二階俊博の各代議士と私の4人で2000年代初頭、何度も訪中したこと等を心深く思いました。大変にお世話になりました。

午後からは、豊橋で東三河の公明党議員懇談会に出席。夜は豊橋の経済を牽引している経営者や国会議員(根本幸典衆院議員、新妻秀規参院議員)の参加のもと「太田昭宏前国土交通大臣を囲む懇談会」で講演・懇談を行いました。


望郷.jpg瀬戸内海の白綱島が舞台。閉ざされがちな島の社会。一見、平穏な生活と思われるなかに、宿命との対峙、窒息しがちな生活が描かれる。最後は息づまる暗闇をパッと抜け、三変土田。光の世界が広がる。

「みかんの花」「海の星」「雲の糸」は先日、テレビドラマとしても観たが、「夢の国」「石の十字架」「光の航路」も加わっての6作品は、いずれも素晴らしい。「望郷、海の星」は2012年の第65回日本推理作家協会賞(短編部門)だが、「これがミステリー?」と思った。光が心に迫り、広がる。

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ