IMG_7895.jpg 1565487804894.jpg

10日、党長野県本部(代表=太田昌孝衆院議員)の夏季議員研修会に出席、懇談・研修をじっくり行いました。長野県は統一地方選で飯田市で初の県議選で勝利するなど、議員が増加。女性議員も4割を越えるなど、勢いのあるところです。

私は「公明党は民衆と社会を照らす太陽の党だ」「党員・支持者の声を忘れず、地域の柱の存在になろう」「地域を愛し、常に庶民の力を知りゆくことだ」など、自身の日常活動を紹介しつつ話をしました。大事なのは「マメに動くこと」「反応と答えを速くすること」「地域で信頼される存在になること」を強調しました。


1565334881959.jpg 1565334883242.jpg

「傅益瑶が描く日本の祭り絵展」オープニングセレモニーが8日、池袋の東京芸術劇場で開催されました。傅益瑶(フ エキヨウ)画伯は、中国南京で中国近代画檀の巨匠・傅抱石の第五子として生まれました。南京師範大学卒業後、1980年中国教育部派遣国費留学生として創価大学に留学。武蔵野美術大学大学院、東京芸術大学では平山郁夫研究室で日本画、仏教美術等を学んできた人です。日本の伝統的な祭りや伝統芸能に魅せられ、独特な画法で"祭り絵"を描き話題を呼び、注目されています。

今回の展示された作品は約100点。「京都祇園祭り」「徳島市阿波おどり」「三社祭」「青森ねぶた祭」「御柱祭」「相馬野馬追」等、傅益瑶画伯がおよそ30年にわたって日本各地の祭りに参加しながら描いてきたもの。祭りがいきいきと表現され、大勢の参加者の表情が全部異なり、熱気溢れる魅力の絵画展に感動しました。

私は、「傅益瑶画伯が、日本全国を回って、その熱気を絵画として表現している。素晴らしい。祭りは日本各地の民衆文化だ。日中の交流も、首脳交流や経済交流だけでなく、それ以上に、文化・芸術・スポーツの交流を盛んにしていくことが重要と私は常に言ってきたが、まさにそれを実践・展開してくれている」などと挨拶しました。

なお、展示は17日までです。

1565334884317.jpg


ドキュメント 「令和」制定  日本テレビ政治部  中公新書ラクレ.jpg「令和」制定の経緯を日テレ政治部がまとめたもの。「平成31年4月1日の発表の日のドキュメント」、さかのぼって「NHKのスクープ『生前退位』の衝撃と『恒久法か特例法か』の議論」、「官邸の動きと保守派の考え」「最終候補選定までの道のり」「考案者と国書」等々が、生々しく語られる。「極秘」で進められるものだけに、「取材される側」「取材する側」の緊張感が伝わってくる。さまざまな攻防はあるにしろ、「令和」がスタートを切った。

本書はまた「元号と政治」の章で結ばれている。「始まりとなった水戸学」「光圀以来の"敬幕"の論理が、尊皇論が純化されることによって討幕論につながった」「明治より『一世一元』となったこと」「天皇親政と元号の結び付き」「敗戦によって天皇による"時間支配"の物語はピリオドを打つ」「法的根拠の喪失と元号廃止論の浮上」「保守勢力の"草の根"運動と元号法の成立(1979年6月)」・・・・・・。「権威と権力」「象徴天皇」「皇位継承」「内閣等による皇室の政治利用」など、国と社会の諸課題は考え続けなければならないことだ。


希望の糸.jpg面白い。殺人事件だが悪人はいない。運命に操られる家族。夫婦・親子の愛、思いが心に迫る。これも加賀恭一郎シリーズといえようが、主人公は加賀の従弟で刑事の松宮脩平。殺人事件をきっかけに、複数の家族の秘密があぶり出され、「人には家族にも言えないことがある」「言うべきか、言わざるべきか」が交錯する。"心の扉"という琴線に触れる作品。

目黒にあるカフェ「弥生茶屋」の経営者・花塚弥生が背中をナイフで刺され、店で殺害される。「あんないい人はいない」と誰もがいった。恨みを買うようなこともないように思われたが、捜査線上に二人の人物が浮かぶ。一人は綿貫哲彦、弥生の元夫。もう一人は汐見行伸、店の常連客で弥生に好意を寄せていたと思われた。捜査が進むと綿貫の家族(同棲する中屋多由子)、汐見の家族(妻・玲子が亡くなり、14歳の娘・萌奈と二人暮らし)がともに深い闇をかかえていることを知る。どうも証言がおかしい。秘密を抱え真実を心の内に隠しているとしか思えない。この二つの家族とともに、捜査を担当する松宮自身に、生まれてすぐに亡くなったとされる父親と名乗る者が現われ絡み合う。この家族にも人に明かせぬ秘密が隠されていた。

「あたしは、誰かの代わりに生まれてきたんじゃない」「そういえば、と克子が続けた。この糸は離さないっていっていたな。たとえ会えなくても、自分にとって大切な人間と見えない糸で繋がっていると思えたら、それだけで幸せだって。その糸がどんなに長くても希望をもてるって。だから死ぬまで、その糸は離さない」「素敵な巡り合いがあると思う(子どもができ)」・・・・・・。

殺人事件自体は解決するが、松宮は「解くべきは各家族に潜む親子の謎の糸だ」と奔走、苦悩する。家族の絆、親子の絆、血と育ての絆、運命をとことん感じさせる。


1564968320087.jpg 1564968321335.jpg

8月に入り、猛暑が続いています。4日(日)、地元では町会・自治会、商店街等の夏の行事が盛大に行われました。

「子どもお楽しみ会」「盆踊り」「納涼祭」「商店街のサンバパレード」「祭礼」など、街のなかは暑さを吹き飛ばす勢いで、盛り上がりました。

子どもたちに夏の思い出づくりと地域の友好のために、頑張っていただいている町会・自治会、商店街の皆さま、そして警備等にご尽力頂いている地元消防団の皆さまにも感謝です。

この週末も多くの方と懇談ができました。

1564968322525.jpg 1564968323731.jpg

1564968325063.jpg

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ