20200113_114709.jpg 1578883218688.jpg

10日、11日、12日の3日間――。公明党東京都本部の賀詞交歓会、在日本大韓民国民団中央本部、日本民営鉄道、日本貨物鉄道労働組合など、多くの賀詞交歓会に出席しました。また地元では連合町会や町会・自治会の新年会、各種団体の新年会、サッカー大会表彰式などが行われ、挨拶に駆けつけました。多くの方に新年のご挨拶ができ、良い懇談ができました。

消防団の始式も各区で行われ、献身的な消防団活動に感謝の言葉があり、昨年の台風19号等の頻発・激甚化・広域化する災害への備えの重要性が確認されました。規律厳正な本年のスタートです。

1578883198536.jpg 1578883180490.jpg

1578883187900.jpg 1578883254014.jpg

1578883228272.jpg 1578883263549.jpg


不審者.jpg自宅で校閲の仕事をしながら会社員の夫・秀嗣と5歳の洗太、義母の治子と暮らしている折尾里佳子。そこへ突然、20年以上も行方知らずだった秀嗣の兄・優平が現われる。泊まらせることが嫌でたまらない里佳子だが、あまり自己主張しないタイプの秀嗣はなぜかこの「アニキ」を居候させてしまう。

怪しすぎる"不審者"。違和感がしだいに増幅する。しかも、里佳子の周囲では、住宅街に猫の死体が投げ込まれたり、毛虫が布団にいたり、仕事で大切なゲラが消えたり、気持ちの悪い出来事が次々起きる。何のために優平は来たのか。イライラが不安となり恐怖となって、里佳子は追い込まれていく。

「お前が長く深淵を覗き込むとき、深淵もまたお前を覗き込む(ニーチェ)」――。里佳子の実家での秘密の闇が、恐るべき深淵に全てを引きずり込む。


20200109_113613.jpg 20200109_104817.jpg

新しい年がスタートし、6日、7日、8日と経済界、労働界、各種団体の新年賀詞交歓会が盛大に開催されています。地元でも、北区、足立区、豊島区、板橋区の賀詞交歓会や、町会・自治会等の新年の集いが行われています。多くの新年会に出席し、ご挨拶・懇談をしました。

691066.jpg 690698.jpg

690275.jpg 690274.jpg


君が異端だった頃.jpg凄い、けれん味がなく真っすぐ、ぶっ飛ぶ、破天荒な喜怒哀楽、エネルギッシュで面白い。島田雅彦の自伝的青春私小説。「埴谷さんは暗黙裡に自らの異端性を弟子が受け継ぐよう促した、と君は受け止めた。彼は戦後派のみならず文学一般に受け継がれてきた価値観を守れとはいわなかった。文学なんか解体しても一向に構わないから、果敢に新しい心の露呈に対面せよと迫ったのである。つまり、伝統を保守する正統なんか目指さず異端のままでいよ、と」「君は滴り落ちる汗を拭いながら、遠くに見える遺影(中上健次)に向かって、『路地の荒くれ男たちの短命にして波瀾万丈の物語をなぞらず、自己申告ではない、正真正銘の文豪になる手もあったじゃないですか』と虚しく呼びかけた」「島田を守れ。オレが死んだら、誰もあいつを守ってやれない――。君はその時初めて、弟分に惜しみなく注がれた中上の慈しみを痛感した」「君が出会ったのは全て偉大な異端者たちばかりだ。君は幸か不幸かその系譜に連なるよう仕向けられた。君は疲れを知らずにナンパにかまける体力はあったが、まだ偉大な先輩たちの屈折や情熱、思想を表面的にしか理解できないバカだった・・・・・・」「すでに時効を迎えた若かった頃の愚行、恥辱、過去の数々を文書化しておくことにした。それにうってつけの形式は私小説をおいてほかない。正直者がバカを見るこの国で本当のことをいえば、異端扱いされるだろうが、それを恐れる者は小説家とはいえない」・・・・・・。

少年時代、高校時代、大学時代、そしてその後の煩悶や葛藤、文士・思想家との格闘の遍歴。戦争を経て戦後を背景にして躍り出た世代、次に団塊の世代、そして島田雅彦氏らの世代の感性は当然異なる。しかし在前する世界を突破し、脱出しようとする力は世代を超え魅力的だ。"異端"と称される天才たちの生命力・エネルギーに心持良さを感ずる。それはかなり本質的なものだ。


20200106_105013.jpg 1578274153005.jpg

4日、5日の土日、新春のスタートの会が、数多く行われました。

板橋区の賀詞交歓会、町会・自治会の新年会、空手道一友会の全国大会、板橋市場・足立市場の新年賀詞交歓会、町会のもちつき大会‥‥‥。晴天が続く中でのいいスタートとなっており、多くの方々と懇談しました。

1578274084644.jpg 1578274160474.jpg

1578274165926.jpg

<<前の5件

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ