政治コラム 太田の政界ぶちかましCOLUMN

NO,82 「道の駅」がマーケティング大賞受賞/地方創生の切り札として注目

2015年6月 4日

道の駅③.JPG

「道の駅」が今、注目されている。全国の自治体で地方創生が大きなテーマとなっているなかで、地域活性化の切り札ともなっているのだ。4月21日には「道の駅」が「第7回日本マーケティング大賞」を受賞することが決定した。受賞者は全国「道の駅」連絡会だ。これはマーケティングの視点から最も優れたヒット商品を表彰するもので、大賞はその年で1つだけ。これまではユニクロのヒートテックやサントリーの角ハイボール、トヨタのアクアなど民間の商品が受賞してきた。公共の取り組みが受賞したのは「道の駅」が初めてであり、画期的なことだ。


「道の駅」は平成5年にスタートし、今では全国で1059か所までに広がった。年間の売り上げは2100億円とコンビニチェーンにも匹敵する規模。リピーターも多く、年間の来場者は延べ2億1000万人と言われている。それぞれの地域で特産品を活かした新たな産業を掘り起こし、近くの農家が出荷する採れたてで新鮮な農産品が好評だ。雇用創出や民需拡大に貢献し、成長戦略としてのインパクトも大きい。さらに最近では、インバウンドも含めた観光拠点、災害時に備えた防災拠点、中山間地の生活を支える役場や診療所を併設した「小さな拠点」など機能が多様化し、進化している。


今年2月、さらに広く全国展開していくことをめざし、特に優れた「全国モデル・道の駅」6駅、将来性の高い「重点・道の駅」35駅を選定。私から一つずつ認定証を手渡した。その後の交流会では、それぞれの特産品が並べられ、市町村長らが我がまち、我が駅を熱心にPR。会場は熱気に包まれ大いに盛り上がった。地域の創意工夫次第で人は呼べるのだ。

NO,81 インフラのストック効果に焦点/企業立地や観光など活発化

2015年4月28日

ぶちかまし0405①.JPG

公共事業は「選択と集中」が必要だ。財政制約がある中で、無駄なものは削り、必要なものはしっかり進めていく──。これが基本的な考えだ。特に私は、国交大臣に就任してこの2年余り、防災・減災、老朽化対策、メンテナンス、耐震化を公共事業のメインストリームに位置づけて取り組んできた。さらに、景気・経済の再生や地方創生、都市再生にも対応していかなければならない。


公共事業の効果を論ずる場合、これまでは経済対策としての即効性、短期的なフローとしての効果が重視されてきた。しかし私が大事だと考えているのは、社会資本が本来持つ効果を発揮することにより新たな投資、成長を呼び込む効果、いわばストック効果だ。このストック効果に着目する視点がこれまでは欠けてきたように思う。


例えば、道路や新幹線など交通ネットワークの整備により、移動時間の短縮や輸送コストの削減など生産性の向上をもたらす。さらに、企業立地による民間投資や雇用の増加、新たな観光交流が生まれるなど、中長期にわたって経済を成長させる効果が発揮されるのだ。景気・経済の再生が大きな課題となっている今こそ、社会資本のストック効果に重点を置いていかなければならない。


そのストック効果は、実際にも具体的に現れてきている。


例えば企業立地の促進。一昨年11月に開通した秋田県の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の大館北・小坂間では、開通前から工場の新規立地や増設が相次いでいる。開通までの2年間で、27工場、200億円を超える設備投資が生まれた。新規の雇用も増え、大館市での高卒者の有効求人倍率は全国平均の2倍だ。日沿道では、新潟県村上市でも、航空機の化粧室や厨房など内装品を製造する国際的トップメーカーが全線開通を見越して進出している。

NO,80 東日本大震災から4年/復興実感に向け新たなステージへ

2015年3月11日

東日本大震災から4年を迎える。私はこれまで、復興を少しでも早く実感してもらうことを第一に取り組んできた。地域によって復興の進捗には差があるが、この1年で復興は全体的にかなり目に見えるかたちで進んできた。さらにこの動きを加速し、人々の生活が復興してきたという実感を広げていかなければならない。


まず道路、鉄道などの基幹インフラについては、復旧・復興は着実に進み、具体的な成果が次々と現れてきている。


道路については、3月1日に常磐自動車道が全線開通した。これは、「ゴールデンウィーク前まで」という目標を約2か月も前倒ししたもの。工期短縮のために努力を重ねた成果だ。首都圏から福島県の浜通りを経て仙台まで一気につながることで、被災地復興の起爆剤になることは間違いない。


鉄道については、昨年4月に三陸鉄道が全線開通したのに続き、3月21日にJR石巻線が全線開通する。山田線(宮古─釜石間)も昨年12月にJR東日本から三陸鉄道への運営移管が合意され、3月7日には復旧工事に着手されるなど、運転再開へ大きく前進したところだ。

女川20110413.jpg   女川2014.jpg


住宅再建・まちづくりの動きも本格化している。今もなお約23万人もの方々が避難生活を余儀なくされており、早く安心できる住まいに入居できるよう急がなければならない。高台移転は約9割の地区で工事着工。災害公営住宅は約8割で用地確保、約5割で工事が着工し、この3月末でおおむね1万戸が完成する予定だ。女川町では、昨年3月に200戸の大規模な災害公営住宅が完成。今月、JR石巻線が全線開通し(終点が女川駅)、それとあわせて駅周辺のまち開きも行われ、新しい町づくりのステージに入る【写真は被災直後の2011年4月と、2014年8月の宮城県女川町視察】。また福島県相馬市では、計画の410戸全てが3月末までに完成する見込みとなっている。一方、原発事故の長期避難者向けの住宅は、なお時間を要している。原発事故の影響が残る地域の復興はまだまだこれからの段階。対応に拍車をかけていかなければならない。

NO.79 日本の命運を決する5年がスタート/2020年に向けて本格始動

2015年2月10日

「2015年になって見える景色が昨年までとは違う」――。いよいよ2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、目指すべき山の姿が明確に見えてきた。未(ひつじ)年の字が未来の「未」であるように、まさに2020年の近未来に向けてのスタートが切られたのだ。


その2020年に向けての5年間は、日本を再建するために我々に与えられた最後のチャンスでだと私は強く思っている。


まず景気・経済の再生。デフレから完全に脱却し、景気・経済を確たる成長軌道にのせなければならない。そして同時に、2017年4月から消費税率を10%に引き上げ、2020年度までにプライマリーバランスを黒字化するという財政再建に向けた足どりを着々と進めていく必要がある。経済再生と財政再建の二つを同時に達成していく上で重要な5年間だ。


また、観光立国・日本に向けて、「2020年に訪日外国人旅行者2000万人」という目標がいよいよ実感を持って射程に入ってくるのが今年だ。一昨年に史上初めて1000万人を突破し、昨年はさらに29%増加して1341万人に。今年も円安の継続や免税制度の拡充などで好調が持続し、1500万人を超えることも期待される。


さらにオリンピック・パラリンピックの成功に向けて、首都・東京を世界一の経済・文化都市として築き上げるという目標もある。そのためにはまず、首都直下地震や台風・豪雨に強い防災都市・東京をつくり上げなければならない。首都圏三環状道路は、首都高中央環状線が今年3月7日に全線開通し、圏央道も今年は開通が相次ぐ。2015年度中には東名から成田空港まで一気につながる予定だが、その後の整備も着実に進めていくことが必要だ。成田・羽田の首都圏空港拡充も欠かせない。あわせて、パラリンピックに対応して障がい者や高齢者が移動しやすいバリアフリーのまちづくり、心のバリアフリー都市化も重要だ。さらに東京だけでなく地方についても、活気があふれ希望が出てくる地方創生への道筋を明確にして、地方が輝く2020年にしなければならない。

NO.78 木造建築のさらなる普及を推進/2020年東京五輪で和の空間アピール

2014年12月30日

木造建築で今、新しい動きが始まっている。私もその推進に力を入れている。役場の庁舎や学校、体育館などの公共建築物でも、商業施設や集合住宅などの民間建築物でも、大規模な木造建築が次々と建てられている。優れた公共建築物を表彰する「公共建築賞」で今年度の国土交通大臣賞を受賞したのは、高知県梼原(ゆすはら)町の総合庁舎。延べ面積3,000㎡、地上2階地下1階建てで、地元産の杉をふんだんに使った木造建築だ。しかも銀行や農協までその建物に入っており、文字どおり町の生活・活動の中心拠点になっている。


我が国は国土の7割を森林が占め、森林資源が豊富。木材は、我が国の住宅・建築物に使われてきた伝統的建材だ。内装に木材が使われた空間は落ち着いた安らぎを与え、心地よい。断熱性や除湿作用にも優れているため日本の気候・風土にも合っており、さらに地球温暖化防止に貢献する効果もある。地域活性化のためにも重要な資源であり、住宅だけでなく官民を問わず木材の活用を一層進めていかなければならない。


このような動きは、近年必要な制度改正を進めてきたことで加速してきているものだ。


まず、平成22年10月に施行された「公共建築物等における木材利用促進法」。これは、国や地方公共団体が建築する公共建築物について、木材利用の努力義務を課し、目標を定めて取り組むこととしたものだ。その結果平成24年度では、公共建築物が42棟、従来であれば鉄筋コンクリートで作られていたものが木造化された。これは前年度に比べて35%増と、急速に増えてきている。

<<前の5件

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る